ドリームX

トップに戻る

バックアップの設定と操作

2010年11月のバージョンアップ以降、バックアップの仕組みが変更となりました。
バックアップは「もしも」の時のために、必ず行って下さい。

設定方法

まず、プラグインマネージャからドリームXバックアップ設定を開きます。

バックアップファイルの保存先を選択し、OKを押します。
この時、保存先は今操作しているものとは別のPCやハードディスクを指定して下さい。
バックアップは今操作しているPCにトラブルが発生した時のためのものですので、同じPCの中にバックアップを取っても意味がありません。

指定後上の画面が開きますので、画像と同じようにチェックをして下さい。
青い文字となっている場所は、バックアップを保存するフォルダです。この文字をクリックすると、保存先の変更が可能です。

以上で設定は完了です。

バックアップの取り方

バックアップの設定後、ドリームXを閉じた際に以下のようなバックアップ画面が開きます。
バックアップ候補は触れなくて問題ありません。
もしも、バックアップが完了した事を通知してもらいたい際には、お知らせ先アドレスに通知を届けるメールアドレスを入力して下さい。

赤枠の開始を押せば、バックアップが開始されます。

初回は全てのファイルをバックアップするため、入力している物件の量に比例して時間がかかりますが、 二回目以降は差分(更新したものだけ)をバックアップするため、あまり時間はかかりません。

データは日々積み重ねる財産ですので、バックアップは極力行って下さい。

powered by ドリームワン