ドリームX

トップに戻る

ドリムッターの設定

twitterとドリームXの連動機能です。

設定をすることでドリームXから物件をつぶやくだけではなく、 ホームページ上でお客様からtwitter経由でお問い合わせを頂く機能が有効化されるなど、様々な利点が御座います。

無料で簡単に使えますので、是非ご利用下さい。

設定手順

ドリームXを立ち上げツールプラグインマネージャドリムッターと進みます。

ここで初めに、設定を開いて下さい。

お使いの画面がこの表示と異なる場合、自動更新を行いドリームXを最新の状態にして下さい。)

サーバーの情報を入力する画面が表示されますので、
アカウント(『do0』から始まるもの)とパスワードを入力して下さい。

APIキーは別途取得する必要がありますので、こちらの解説ページを参考にして、取得・入力をお願い致します。と

次に、twitter.comへ認証を開きます。

この画面の中で、ユーザー名とパスワードを入力し、許可するを押します。

入力した情報が正しければ認証が完了します。画像のように入力し、設定完了です。

設定が終わると、ホームページへのtwitterアカウント登録がされます。
上の画像が表示されれば、正常に登録され、全て完了となります。

これで、ドリームXとtwitterの連動機能が有効化され、 お客様が物件画面からtwitterでお問い合わせが出来るようになります。

それぞれの機能については解説ページを別途設けておりますので、こちらをクリックしてご覧下さい。

エラーが表示される場合

最後のステップで「リモートサーバーがエラーを返しました」と出る場合には、 手順の初めに入力したサーバーの情報が誤っている可能性がありますので、 再度設定を開き、内容を入力し直して下さい。

再入力した後、自社サーバと連動登録をダブルクリックすると、 ホームページへのtwitterアカウントの登録だけを行います。

ここで「登録が完了しました」と表示されれば、改めて全て完了となります。

これでドリムッターの機能が使えるようになりました。
使い方はこちらでご案内しておりますので、ご覧下さい。

powered by ドリームワン