ドリームX

トップに戻る

ドリムッターの使い方

ドリムッターの設定が完了していると、 ドリームXとホームページでtwitterに連動する機能が有効化されます。

ここでは、ドリームXからの物件情報のつぶやきと、 ホームページからのお問い合わせ(お客様側)の2つを解説します。

物件情報をつぶやく(ドリームX)
twitterで問い合わせる(お客様側)

ドリームXの物件編集モードからtwitterにつぶやきたい物件を開き、 画像のようにドリムッターを押します。

twitterへのつぶやきを書き込むフォームが開きますので、ここに自由に書き込んで、つぶやきを送る事が出来ます。

このフォームの上で右クリックをすると、 選択した物件に入力した情報やホームページ上の物件画面のURLを簡単に引きと出す事が出来ます。

文中に長いURLが含まれていると、それだけで文字数をかなり消費してしまいます。 ここで赤枠のbit.lyボタンを押してみて下さい。

すると、文中に含まれる長いURLが自動的に短縮化されます。

あとは右側の青文字のTボタンを押せば、twitterへつぶやきが送られます。

特定のお客様へダイレクトメッセージを送る

メッセージを送る相手を選択するには、赤枠のフォルダアイコンを押して下さい。

すると、

ホームページの物件情報画面からtwitterでお問い合わせを頂いた方
メールフォームでtwitterアカウントをご入力頂いたお客様のアカウントがリストで表示されます。

ここからメッセージを送る相手を選択し、ボタンを押します。

これでダイレクトメッセージを送る事が出来ます。

アカウント名が分かる場合には、赤枠の部分に直接打ち込んでチェックを入れて頂いても結構です。

ドリムッターの設定が完了していると、 ホームページの物件情報画面でtwitter専用のお問い合わせフォームが表示されます。
通常のメールフォームよりも簡単にお問い合わせが出来るので、反響アップが期待出来ます。

物件画面に、2つのボタンが追加されます。
左下のボタンが問い合わせボタンで、右上のボタンは初回の認証にのみ使用します。

認証が済んでいない状態でいずれかのボタンを押すと、赤枠のボタンが表示されます。 このボタンを押す事で、お客様がtwitterで問い合わせを行うための簡単な認証が始まります。

認証ボタンを押す事で、twitterの認証画面がポップアップします。 ここで認証を押せば、お問い合わせの準備が完了します。

認証後、ポップアップが閉じて書き込みフォームが現れます。
これでtwitterへお問い合わせ頂く事が可能です。

このフォームからお問い合わせを頂いたら

ここからの書き込み内容はtwitterのアカウント会社のメールアドレス管理ツールのお問い合わせ一覧へ送信されます。

twitterは“リアルタイム”の動きが特徴のツールですので、メッセージを確認したら 迅速に対応を行う事でお客様の期待に応える事が出来ます。

powered by ドリームワン